Signal Booster Immunostain

Signal Booster Immunostain

製品概要

Signal Booster Immunostainは免疫染色用に特別に開発された商品です。感度不足や高いバックグラウンドを改善するための試薬です。本試薬は3液で構成されており、それぞれ特性が異なりますので、利用目的に応じてご利用下さい。

チラシはこちらから

原理

本シグナルブースターイムノステインの主成分はポリマーとタンパク質です。ポリマーやタンパク質は抗原や抗体の物理化学的特性を変えることにより、両者の接触頻度を上げ、特異的抗原抗体反応を高めたり、また、非特異的な結合を低下させます。この結果、バックグラウンドを下げながら特異的な抗原抗体反応を高めます。

製品種類と特長

1. シグナルを増強させ、且つ、バックグランドを低減します。
2. どんな種類の抗体でも利用可能です(注)。
3. 使い方は簡単、反応時の抗体を本試薬で希釈するだけです。
4. 既存品より安価です。

(注:抗体の特性によっては本試薬の効果が十分得られない場合もあります)

製品構成と価格

Signal Booster Immunostainには、以下の3種類の溶液があります。
Solution F:バックグランドをより低下させるように設計された組成です。良好な抗体を用いて微細構造を見る場合にお勧めします。
Solution M:FとSの中間の性質を有した組成です。最初に試す場合に利用すると便利です。
Solution S:より強いシグナルを得るように設計された組成です。多少バックグランドが高くても染色像を見たい場合にお勧めします。
(ご注意:各溶液の性質は一般的性質を示したものであり、使用抗体の特性によって反応は異なります。使用する際には3種を試して、適切な溶液を選択してご利用ください。)

製品番号 構成 容量 希望販売価格(税抜)
BCL-IS Solution F、M、S の3種セット 各10mL ¥10,000
BCL-ISF Solution F 20mL ¥15,000
BCL-ISM Solution M 20mL ¥15,000
BCL-ISS Solution S 20mL ¥15,000

BCL-ISはスターターキットとして、研究に最適なsolutionを選択する時にご使用ください。

Q&A

Q: 保存期間はどの程度ですか?

冷蔵保存すれば3年間は問題なく利用可能です。

Q: 蛍光や酵素による検出系いずれにも利用できますか?

いずれも利用可能です。

Q: 他社品と比べてどうですか?

少なくとも蛍光で観察した場合、他社品と比較して増強作用は同等以上です。

Q: 希釈して利用できますか?

F、M、S液共に最適化されていますので、希釈した場合の性能は保証できません。

実施例

Signal Booster Immunostainを用いた実験例はパンフレットの裏面にあります。ご覧下さい。

取扱説明書とMSDS

Signal Booster Immunostainの取扱説明書とMSDSは下記からダウンロードできます。

取扱説明書 MSDS(ペグ)