新型コロナウイルス研究用試薬

はじめに

当社は10年以上に渡るバイオテクノロジーに関する研究・開発の成果を活かして、新型コロナウイルス(SARS-COV-2)に関する研究用試薬の開発を開始しました。その第一弾としてSARS-COV-2のNタンパク質6種とSARS-COV-2、抗Nタンパク質抗体検出キットを発売します。今後、スパイクタンパク質も含め商品群を増やす予定です。

新型コロナウイルス(SARS-COV-2)は脂質膜からなるエンベロープを持つウイルスです。エンベロープにはスパイク(S)タンパク質を始めとする幾つかのタンパク質が提示されており、エンベロープ内には遺伝子であるRNAと複合体を形成する核(N)タンパク質があります。本ウイルスはSタンパク質のSBドメインにある受容体結合部位が宿主細胞のACE2(アンジオテンシン変換酵素2)に結合し、細胞内へ侵入することで開始されます。細胞内のエンドゾームに取り込まれたウイルスは、Sタンパク質のS2サブユニットの働きで膜融合によりエンドゾームより遺伝子RNAを宿主細胞実質へ放出することで起こります。Nタンパク質はSARS-COV-2で最も多いタンパク質であり、免疫原性も高いため感染者ではNタンパク質に対し大量の抗体が産生されます。本タンパク質は、3つのドメインからなり、N末領域(NTD)はRNAとの結合に関わり、C末領域(CTD)は複合体形成に関わり、そのLinker部分はNタンパク質のリン酸化に関与すると想定されています。現在、ワクチンの開発が多く行われていますが、その殆どがSタンパク質に対する抗体を産生させることをターゲットとしています。

製品の種類と特長

1. SARS-COV-2抗原
1)Nタンパク質
NTD:Nタンパク質のN末ドメインのタンパク質です。大腸菌で発現させた遺伝子組換タンパク質です。チオレドキシンタグ付とタグなしの2種類があります。
CTD:Nタンパク質のC末ドメインのタンパク質です。大腸菌で発現させた遺伝子組換タンパク質です。チオレドキシンタグ付とタグなしの2種類があります。
全長Nタンパク質:全長のNタンパク質です。大腸菌で発現させた遺伝子組換タンパク質です。チオレドキシンタグ付とタグなしの2種類があります。
Nタンパク質製品の詳細は(データシート)をご覧ください。

2. 抗新型コロナウイルス抗体検出キット
抗Nタンパク質抗体検出キット:全長のNタンパク質に結合する抗体を定量するELISAキットです。当社独自の抗体検出プローブ技術を用いて超高感度化を図ったキットです。標準抗体が付属しています。
詳細はデータシート(準備中)をご覧ください。

製品名・内容・価格

以下の表の通りです

製品コード製品名製品内容価格
BCL‐CON-N01SARS-COV-2 NTD-tag100μg60000円
BCL‐CON-N02SARS-COV-2 NTD100μg65000円
BCL‐CON-C01SARS-COV-2 CTD-tag100μg60000円
BCL‐CON-C02SARS-COV-2 CTD100μg65000円
BCL‐CON-F01SARS-COV-2 Full length-tag100μg80000円
BCL‐CON-F02SARS-COV-2 Full length100μg85000円
BCL‐COK-NA01Anti-N protein antibody quantitative ELISA kit96 assay近日発売

Q&A

現在情報はありません

製品販売について

本製品は現在は当社のみから販売しています。必要な方は問い合わせください。