HBV-関連 ELISAキット

HBsAg S, Pre-S1, Pre-S2定量キット

製品概要

B型肝炎ウイルスの表面抗原(HBsAg)について
 HBsAgにはS抗原、M抗原、L抗原があります。全長のL抗原はS領域、Pre-S2領域、およびPre-S1領域の3つの領域で構成されており、M抗原はS領域とPre-S2領域で構成され、S抗原はS領域のみで構成されています。これらの領域はB型肝炎ウイルスが感染する際にそれぞれ重要な役割をもっており、Pre-S1領域は宿主細胞である肝細胞の認識、Pre-S2領域とS領域はウイルスが肝細胞へ感染する際の進入機構に重要と考えられています。

HBsAg抗原定量キット
 HBsAgのS領域、Pre-S2領域、およびPre-S1領域を定量するキットが発売中です。これらのキットはそれぞれの領域を特異的に検出します。なお、Pre-S1領域については従来製品では測定できなかった遺伝子型DのPre-S1が測定可能なキットもあります。何れの製品も遺伝子組換えの標準抗原が付いており再現性の高い定量が可能です。

抗HBsAg抗体定量キット
 抗原を免疫した時に出来る抗体を定量するキットです。何れのキットも固相化した抗原に結合した抗体を2次抗体で検出するシステムを利用しています。S領域に対する測定キットは1種類ですが、Pre-S1とPre-S2に対する抗体の測定キットは遺伝子型A、B、C及びDの測定キットがあります。なお、ヒトにおいてはS領域に対する抗体の検出は感染患者の診断に広く用いられています。何れの製品も標準抗体が付いていますので、再現性の高い定量が可能です。。

キットの種類と特長

抗原測定キット
Pre-S1抗原定量キットチラシ
世界初で唯一のPre-S1領域定量キットです。迅速測定が可能だが遺伝子型Dは検出できない製品、遺伝子型Dも検出できるキットの2種があります。
・高感度:定量下限=0.1 nUnit/ml
・ヒト血清・血漿中のPre-S1活性の測定が可能
・高い特異性:2種の抗Pre-S1抗体を用いたサイドイッチELISA法
Pre-S2抗原定量キットチラシ
世界初で唯一のPre-S2領域定量キットです。
・高感度:定量下限=0.1 nUnit/ml
・ヒト血清中のPre-S2活性の測定が可能
・高い特異性:2種の抗Pre-S2抗原抗体を用いたサイドイッチELISA法
S抗原定量キットチラシ
・高感度:定量下限=0.05 nUnit/ml (1 nUnitはWHO標準抗原の0.5~1.0 IUにほぼ相当)
・ヒト血清中のS活性の測定が可能
・高い特異性:2種の抗S抗原抗体を用いたサイドイッチELISA法
・従来品より迅速な測定

抗体測定キット
抗S抗体定量キットチラシ
・抗S抗体を定量キットです。
・マウス抗体とヒト抗体価測定用がありますが、その他の定量キットも提供可能です。
・固相化したS抗原に結合した抗体を2次抗体で測定するELISA法です。
抗Pre-S1抗体定量キットチラシ
・抗Pre-S1抗体定量キットです。遺伝子型A、B、C及びD用の4種の製品があります。
・マウス抗体とヒト抗体価測定用がありますが、その他の定量キットも提供可能です。
・固相化したPre-S1抗原に結合した抗体を2次抗体で測定するELISA法です。
抗Pre-S2抗体定量キットチラシ
・抗Pre-S2抗体定量キットです。遺伝子型A、B、C及びD用の4種の製品があります。
・マウス抗体とヒト抗体価測定用がありますが、その他の定量キットも提供可能です。
・固相化したPre-S2抗原に結合した抗体を2次抗体で測定するELISA法です。

キット構成
上記の総てのキットはアッセイに必要な殆ど全ての構成成分が付属しています。

製品構成と価格

製品番号 製品名 内容量 参考価格
BCL-S1HP-01 HB Pre-S1抗原定量キット

(HB Pre-S1 Antigen Quantitative ELISA Kit, Rapid)

1kit (96assay) ¥85,000
BCL-S1D-01 HB Pre-S1 抗原定量キット

(HB Pre-S1 Antigen Quantitative ELISA Kit,(Genotype D))

1kit (96assay) ¥85,000
BCL-S2HP-01 HB Pre-S2抗原定量キット

(HB Pre-S2 Antigen Quantitative ELISA Kit, Rapid)

1kit (96assay) ¥85,000
BCL-SHP-21 HB S抗原定量キット

(HB S Antigen Quantitative ELISA Kit, Rapid-2)

1kit(96assay) ¥65,000
BCL-AKS-01 抗S抗体定量キット(測定対象動物を指定下さい)

(Anti-HB S Antibody Quantitative ELISA Kit)

1kit (96assay) 受注生産
BCL-AKP1-01 抗Pre-S2抗体定量キット(測定対象動物と遺伝子型を指定下さい)

(Anti-HB Pre-S1 Antibody Quantitative ELISA Kit)

1kit (96assay) 受注生産
BCL-AKP2-01 抗Pre-S1抗体定量キット(測定対象動物と遺伝子型を指定下さい)

(Anti-HB Pre-S2 Antibody Quantitative ELISA Kit)

1kit (96assay) 受注生産

ELISAキットに利用できる、その他の各種抗原は各種抗原ページ、抗体は各種抗体ページをご覧下さい。

Q&A

Q: 保存期間はどの程度ですか?

本キットに付属の試薬は全て4℃で保存下さい。S抗原測定キットは12ヶ月は安定です。抗体測定キットは6

Q: 測定時間は?

測定に必要な時間の概略は、試薬調製、サンプリング操作、洗浄操作、吸光度測定などに必要な時間を除き、以下の通りです。詳しくは各マニュアルをご覧下さい。
抗原測定キット: ①固相化抗体・検出抗体反応:1時間→ ②発色反応 :30分間
抗体測定キット: ①固相化抗原・ブロッキング・検出抗体反応:2時間→ ②発色反応 :30分間

Q: 測定値のユニットとは?

Pre-S1抗原には標準的な測定単位は存在しません。本キットでは、当社が独自に定めた測定単位、即ち、当社の標準抗原の1ngの保有するPre-S1抗原力価を1 nUnitと定義しています。なお、S抗原定量キットで定義する1 nUnitはWHOの基準による0.5~1 IUに相当します。S抗体の測定ではキットの標準抗体(マウス由来)とWHO基準のヒト血清とはS抗原に対する結合特性が異なるため正確な比較はできません。参考ですが、抗体のS抗原に対する親和性の解析を行った結果からの判断では、WHO標準血清の10mIU/mLは約1nUnit/mL程度に相当すると想定されます。

Q: 標準抗原・標準抗体とは?

標準抗原は遺伝子組換え酵母で製造したHBs粒子です。遺伝子組換えタンパク質であることから感染の心配はありません。標準抗体はマウスモノクローナル抗体です。

Q: プログラムがないのですが測定値の計算方法は?

各キットのマニュアルに記載の通り、測定値は4パラメーターロジスティックモデルによる計算式に当てはめて計算します。通常はプレートリーダーにソフトウェアが付属していますが、もしソフトウェアがない場合には、簡便なエクセルによるプログラムをダウンロードしてご利用下さい。なお、本プログラムは無償で提供しておりますので本プログラムを利用して得られた結果等には当社は責任を負いませんことを予めご了承下さい。 無償プログラムをダウンロード

実施例

各キットを用いた検量線の測定例は、各パンフレットの裏面をご覧下さい。

取扱説明書とMSDS

各キットの取扱説明書とMSDSは下記からダウンロードできます。抗体測定キットの取扱説明書は作成中です。

HB Pre-S1抗原定量キット用
取扱説明書 MSDS(ペグ) MSDS(TMB)

HB Pre-S2抗原定量キット用
取扱説明書 MSDS(ペグ) MSDS(TMB)

HB S抗原定量キット用
取扱説明書 MSDS(TMB)