会社案内

はじめに

㈱ビークルは大阪大学、慶応義塾大学、神戸大学、岡山大学の4大学で発明された「バイオナノカプセル」を実用化するために設立された大学発ベンチャーです。
バイオナノカプセル(BNC)とはB型肝炎ウイルスの外殻を酵母に作らせた中空のナノ粒子です。BNCはその機能的・構造的な特徴を活かしてさまざまな用途に利用できます。当社では、ウイルス由来の細胞内導入能を活用したDDS(薬物送達)技術、多数の抗体結合タンパク質から成る抗体結合型BNCを利用した高感度抗体センサー技術、B型肝炎ウイスルの表面抗原を提示する特徴を活かしたワクチン技術などを開発しております。その他には、B型肝炎ウイルスに関する各種の研究用試薬、イムノアッセイ関係の各種の研究用試薬も開発しております。 当社は、オリジナリティーの高い技術や製品を開発することをモットーに、今後も引き続き研究開発に力を注いで行きたいと思っております。ご期待下さい。

会社概要

商号株式会社 ビークル
設立平成14(2002)年 8月 12日
代表者代表取締役社長 郷 保正
資本金5000万円
事業内容医薬品・医薬部外品・試薬・機器等の研究・開発・製造・販売
事業所

本社 / 京都研究所
〒606-8305 京都市左京区吉田河原町14-1

連絡先


TEL: 075-762-5055
FAX: 075-762-3055


MAIL: binformation@beacle.com
(@は半角に変えて下さい)

沿革

2002年8月有限会社ビークル設立 岡山大学、神戸大学、大阪大学、慶応義塾大学4大学共同の大学発ベンチャーとして設立
2003年4月岡山リサーチパークインキュベーションセンターに研究所、本社設置
2004年1月株式会社へ構成変更
2004年2月大阪支店開設
2004年4月第4回バイオビジネスコンペジャパン優秀賞受賞
2005年6月大学発ベンチャー功労賞受賞
2005年10月第4回バイオベンチャー大賞 文部科学大臣賞受賞
2005年11月岡山リサーチパークインキュベーションセンターに製造プラント竣工
2008年4月当社オリジナルのsiRNAキャリアーでin vivoでのsiRNAの送達の成功
2009年10月当社初の研究用試薬シグナルブースターの発売開始
2010年3月タンパク質を細胞内へ導入可能なタンパク質内包BNCの開発に成功
2012年12月本社・研究所を京都へ移転
2014年5月平成25年度イノベーション実用化開発事業(NEDO)に採択

現在に至る

社長挨拶

長浜バイオ大学郷保正教授1当社は2002年に創業以来、「オリジナルな技術と製品の開発」をモットーに事業を展開して参りました。当社は主に2本の事業を展開中で、一つは医薬品関連技術の開発であり、もう1つは研究用試薬の製造販売です。医薬品関連技術は長期間にわたる開発が必要であるため、その開発原資を確保するために研究用試薬の開発・製造・販売も行っています。
医薬品関連分野では、バイオナノカプセルを基本技術としたユニークなDDS技術を開発し、最近は、同じ基本技術に基づいて、医薬品や診断薬などで利用可能な技術として、抗体センサー技術、新しいワクチン技術の開発に重点を置いております。
研究用試薬関連では、イムノアッセイ関連製品、及びB型肝炎ウイルス/B型肝炎関連製品が主力の分野ですが、何れもオリジナリティーが高い製品の開発に重点を置いています。また、試薬の販売においては、ユーザーの視点に立って、リーズナブルな価格で、高品質の製品を供給することを目指して努力を行っております。
今後も、引き続き、社会に必要とされるライフサイエンス関連の技術を開発し、皆様の健康に貢献できるように社員一同、頑張りたいと思っております。

代表取締役社長 郷保正

アクセス

本社 / 研究所

新幹線ご利用の場合

東海道新幹線 京都駅下車 →タクシーで約20分

お車でお越しの場合

川端通から1本東の道から駐車場に入れます。(この道には「近衛通」又は「東一条通」から入れます)

京都市中心部からのアクセス

タクシー

京都駅からタクシーで20分程度、阪急河原町駅から15分程度
(タクシー運転手が不案内の場合、Google Mapに当社の位置が登録されていますので、ご提示ください)

 電車

京阪「出町柳駅」から徒歩8分

 バス

京都市バス「京大正門前」又は「近衛通」下車、徒歩8分

 

公的研究費の管理体制について

当社は「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン、平成26年2月18日改正、文部科学省」に則り、当社における公的研究の管理に関するコンプライアンス基本規程、運用管理規程を定めています。また、これに基づいて公的研究費に関する最高管理責任者、統括管理責任者、並びにコンプライアンス推進責任者の役職を下記のように定めましたので公表します。なお、告発窓口は当社総務担当者です。
① 最高管理責任者: 代表取締役社長
② 統括管理責任者兼コンプライアンス推進責任者:研究所マネージャー